今日の富士山

本社のお昼時の様子です。雲と霧がかかって肝心の富士山が見えないですが・・・

HPにも映っている富士山ですが、標高が高すぎるからか周辺にかかっている雲から直近の天気が判別できたりします。

好天の場合は『日和笠』、雨がこの先降る場合は『雨笠』、強風の場合は『風笠』、強雨強風の荒天は『風雨笠』などとカテゴリ分けされ、かかった笠の形などでも26種類以上の名称があるそうです。

見る角度や天候によってすべて違う富士山が存在するのは面白いですね!沼津に引っ越してから思いました。


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示